6000 12000 essence beauty eaaence
6000 10500 essence beauty eaaence
タイトル画像

年齢とともに感じる様々な身体の変化を
「NMN renage® シリーズ」でサポートいたします。

NMNとは?

ビタミンB3群の中に含まれるニコチンアミドモノヌクレオチドという物質で、あらゆる生物の細胞に存在する物質です。ワシントン大学医学部教授である今井眞一郎教授を中心としたNMN研究により発見され、老化をコントロールし若返りや抗老化作用が期待できる驚きの効果が報告されました。しかし、人間の体内に存在するNMNは、加齢と共に減少してきます。NMNは、枝豆・ブロッコリー・アボカド・トマトなどの食品にも含まれてるとされていますが、食品から大量のNMNを摂取することは難しいとされています。


そこで、年齢と共に衰えはじめた身体に、効率よく質の良いNMNが摂取できるようサプリメントと美容液を開発しました。

図画像

NMNの働き

私たち生物がハツラツとした毎日を送ることが出来るのは、生物の臓器や組織の細胞に存在するNAD(ニコチンアミドアデニンジヌクレオチド)がエネルギー源となり「長寿遺伝子・抗老化遺伝子とも呼ばれるサーチュイン遺伝子」を活性化させるからと考えられます。しかし、このNADは加齢に伴って減少し、NADそのものを摂取しても細胞に取り込むことが不可能なのです。 若い時には感じることが無かった身体の不調や変化を感じるその要因のひとつとも言えます。

  • 疲労画像01
  • 疲労画像02
  • 疲労画像03
  • 疲労画像04

そこで、重要な役割を果たすのがNMN(ニコチンアミドモノヌクレチド)です。NMNは生物の体内で生産される物質で、緑黄色野菜などにも含まれています。 NMNを摂取することで老化と共に減少したNADが生産を促進し、眠っている「サーチュイン遺伝子」に働きかけることで、細胞中のエネル源ミトコンドリアを活性化させます。こうしたことから、年齢と共に失われた機能を呼び醒ますことができると考えられます。

図画像

NMNを補充することで

タイム誌の「もっとも影響力のある100人」、「医療におけるトップ50人」の1人に選ばれ、NHKスペシャル『ネクストワールド 私たちの未来』にも出演したハーバード大学医学部デビット・シンクレア教授はこのように述べています。 生後22カ月のマウス(人間でいえば60歳)に、NMNを投与したところ、1週間後に生後6ヶ月のマウス(人間でいえば20歳)に相当する筋肉になっていたのです。つまり、たった1週間で40歳相当もの若返りを果たしたのです。

本当にNMNで細胞が活性化するのか?

  • ○生後22ヶ月(人間では約60歳)のマウスにNMNを1週間連続して投与したら、細胞が生後6ヶ月と同じレベルまで回復。(活性化レベルが生後6ヶ月と同レベルまで引き上がることが立証されました。)
    ○脳にある視床下部は全体の組織に老化を止める指令を出される。

    NMNが、視床下部を刺激し全体組織を強める指令を発信することにより、老化を止め、さらに機能か回復することが確認されています。

  • マウス画像

    ※『2015年1月4日放送NHKスペシャル ネクストワールド 私たちの未来第2回 寿命はどこまでのびるのか』より引用https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20150104

NMNで血糖値にも変化が

○糖尿病のマウスに1週間NMNを投与したら血糖値が正常に。
○老化した膵臓により、血糖値の上昇とともに体重も増加傾向になるが、NMN投与で膵臓に良い効果が現れた。

  • マウス画像

    ※『2015年1月4日放送NHKスペシャル ネクストワールド 私たちの未来第2回 寿命はどこまでのびるのか』より引用  https://www6.nhk.or.jp/special/detail/index.html?aid=20150104

  • マウス画像
  • NMNによる皮膚への影響

    ○表皮のサーチュインを活性化することにより、天然保湿因子(NMF)の生産が促進されることが示唆された。

    dnaイメージ画像
  • 論文画像

    ※『日本薬学会年会要旨集巻133』より引用

いつまでも若々しく、年齢に負けない
前向きな毎日をサポート